« February 2006 | Main | April 2006 »

March 28, 2006

使えなさ杉>ココログ

以前にも文句を書いたことはあるけれど、ここんとこのココログのあまりの対応の悪さと鈍さと感の悪さにはほとほと呆れております。

障害の数も多ければ、メンテの回数も多い。大体、今回のメンテナンスで更新できないのはまだしも7-17時って、 blogの更新をするのは夕方から夜にかけてとふんでいるのかなぁ。(こういうメンテナンスは普通深夜にやらないか。有料なんだし!とは思うが)

まぁ、ここ最近のメンテをいくらやってバージョンアップをしたとしても、「実はフリー版のほうが有料(厳密にはニフをプロバイダとしていることのサービス的な面もあるが)のベーシック版より多機能+軽い」という笑えない状況が改善されたわけではないというのがなんともはや。

ニフティの社長のblogを読むと、どうやら著名人の新聞紙上での批判にはすぐ答えるわりには、自分のような苦言なり批判の大量のTBに対してなんら満足な回答をしているわけではない。

正直、ここ数週間のトラブル&メンテによる停止でかなり呆れてます。まじめにログの移転などの諸問題を解決してblogの移転するつもりではあります・・・。

#Annexのほうも場所が固まれば移転してもいいし、そうなるとプロバイダとしてのニフだって必要ないんだよなぁ。ちがうプロバイダを探してみようかと。

------------------------------------------
追記
2006/3/29 18:22 どうやら、メンテ直後(って言ってもたっぷり4時間以上たったあとですが)にアップしようとしたエントリが重複して入ってしまっていた模様。もー信じられないなぁ! BadGatewayだったかメッセージが出てアップロードできなかったのに・・・。現状は削除しております。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 27, 2006

Amazon&紀伊国屋書店購入リスト

表の顔(仕事)が忙しいやら、その割にACE COMBAT ZEROなんてのを買って時間のなさに拍車をかけている愚か者の管理者です。いやはや。

上手くいけば今週末で大半の問題にケリがつくので、その予告として取り上げたいと思っている本のリストなどなど。

「へんな会社」のつくり方「へんな会社」のつくり方
近藤 淳也

翔泳社 2006-02-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~
田口 元 安藤 幸央 平林 純

技術評論社 2006-03-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
なぜモチベーションが上がらないのかなぜモチベーションが上がらないのか
児玉 光雄

ソフトバンククリエイティブ 2006-03-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
図解でよくわかる 第4世代手帳が人生を変える!―ビジネスを成功させ充実した人生を送るためのタイム・マネジメント術図解でよくわかる 第4世代手帳が人生を変える!―ビジネスを成功させ充実した人生を送るためのタイム・マネジメント術
フランクリンコヴィージャパン

キングベアー出版 2006-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

上記本とかは「フランクリン・プランナー」カテゴリーに入れようかどうしまいか検討中。春になってちょっと落ち着いたらフランクリン・プランナー関係+GTD関係のあれこれをまとめてみようかと。

忘れないと誓ったぼくがいた忘れないと誓ったぼくがいた
平山 瑞穂

新潮社 2006-02-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

珍しくタイトル+ブックカバー買い。面白いかどうかは神のみぞ知る。さてはて・・・。これはまだ未読です。

トム・クランシー 熱砂の進軍〈上〉
トム・クランシー 熱砂の進軍〈上〉トム クランシー フレッド.Jr フランクス Tom Clancy

原書房 1998-11
売り上げランキング : 198,735


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ジェーンの軍事ネタ情報を提供してもらっているkoji.netの中の人、井上孝司さんが某所でオススメしていたので、試しに購入。実は自分のリアルなシチュエーションにちょっとでも示唆になればいいという淡い期待もあったりして。

おおきく振りかぶって Vol.6 (6)おおきく振りかぶって Vol.6 (6)
ひぐち アサ

講談社 2006-03-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

野球漫画としては、肝心の野球シーンが読みやすいか、というとそうではない側面もあるんだけれど、そういう野球漫画のフォーマットを外している側面もあるから、これはこれでOKか。っていう気もするんだよなぁ。というわけで、オススメですよ。

これ以外にも急がしいはずの中、あれこれと買って読んではいますが、随時上の作品については取り上げていく予定です。ではでは!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 19, 2006

カタリベ/石川 雅之

カタリベカタリベ
石川 雅之

リイド社 2006-03-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「もやしもん」でブレイク中の石川雅之氏の初期作。
時は南北朝末期。大陸から逃れた人々が住む島に倭寇が襲うところから物語が始まる。其処には再起を願う豪族の御曹司たる少年もいた。八幡神に見込まれたためか、やることなすことすべてのサイコロの目が外れるように事が進まず状況を悪化させてしまう少年は、動乱の中、大悪党マエカワと出会い、「カタリベ」と名前を貰い、そしてさらなる戦いの海へと乗り出していく・・・。

最後まで読んで一言。「続きが読みたい!」と思わせるいい作品。実際は打ち切りだったらしくこの巻で終了ということ。石川雅之氏のことは短編集から知ったのでこの話は未読だった(日本橋ヨヲコ女史を追いかけていたから掲載誌の都合上読んでいておかしくはないのだが・・・)。しかし、新人のころからこういうハイレベルの作品書いていたのか。

漫画読みなら読んでみてソンはないいい作品でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2006

えー、いまさらですが。

油断してたらシーズン4が終わってるし! 

仕事が急がしくなるのでホワイトハウスが見れなくなるなと思ってHDDレコーダーを購入したら今度はしっかりHDDの肥やしと化してました。 とほほ。いつでも見れると思うと、本当に見ないものですね。

というわけで合間を見てちまちまと続きを見ています。というわけで、 ほとぼりが冷めたころにちまちまと感想を書いていくかもしれません。個人的にはエアフォース1の密室劇、大変面白かったですが(w

| | Comments (1) | TrackBack (1)

つぶやき。

本業多忙中です。とほほ。更新もままなりません。

とはいえ、出張中の車中のラジオで気になったニュースがあり、よく巡回するサイトでも取り上げられたのでその記録として。

1999年に起きた未成年による母子惨殺事件の最高裁判決に伴う弁論が3月14日に行われる予定だった。 ニュースを見ている方はよくご存知かもしれないが、最高裁での弁論とは異例であり、 幾度かのケースでは高裁判決が覆されているという(つまり、高裁までの判決は無期懲役であり、覆されるとすれば死刑?の可能性が高い)。 ところが、この弁論に弁護士は欠席。結果的に延期となった。怒りに満ちた被害者遺族の声が印象的だった。

つい先日、車中にて聞いたラジオではこの事件の問題点についてゲストに招かれた弁護士のコメントつきで述べられていた。

  • 弁論欠席理由は、極めて重大な案件でなければ認められない。欠席した弁護士は日弁連での研修リハーサルを理由に欠席としたが、 これは重大な案件とは言いづらいし説得できない。
  • 弁護士がこのようなことを行う背景に、 (おそらくは判決が死刑判決を下すであろう)最高裁裁判官の任期切れ(今年度をもって任期満了)を狙ってのものと思われる。 当初は延期日時を6月と申請していた。それが認められないのでこのような方法をとったものと思われる。
  • もし、上告中の案件を担当した裁判官が任期満了に伴い交代するようなケースがあれば、おそらく最高裁での結審は、 あと数年確実に伸びるだろう。
  • 無論弁護士はどのような犯罪を犯したものであれ、その弁護をせねばならない立場にあるとはいえ、 このような方法は国民に対する信用失墜を招く行為であり、独立性を保つ弁護士に対する圧力が高まる可能性がある。

ついでに言えばソースは報道ステーションではあるが、地裁、高裁ともに無期懲役とした被告人の判断理由として「更正の道がある」 とのことだったが、当の被告人が友人に当てた手紙にはなんら反省の意思はなく、犯罪を正当化しているふしがある。

無論、突然の悪意により愛する妻子を奪われ、その後も長期にわたる裁判と報道被害にあわれているご遺族の気持ちを想像することはできない。 だか、弁論延期のために欠席した弁護士に対する怒りは当然のものだ。

彼の弁護を担当する弁護士(死刑反対派だというが、この件はほっておく)も大変とはいうが、 このような手法は短期的には良くても長期的には決して利益にならない。
かの弁護士は、自らの職業としての一面の要求と、思想的立場に基づき、欠席という手法をとったのであれば、個人的感情で言わせてもらえれば 「醜し」といわざるをえないのだが。

職業としての要求と、道義的、倫理的他正しさが相反してしまう立場におかれたとき、人はどのような態度をとればいいのだろうか。 そこには自らを律する規範が必要になるのだろう。ということで、メモとして。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2006

俺が近所の公園でリフティングしていたら/矢田 容生

俺が近所の公園でリフティングしていたら俺が近所の公園でリフティングしていたら
矢田 容生

小学館 2006-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

才能ある高校生が、一人の天才サッカー選手に公園で出会い、いいようにあしらわれる。次の日、クラスに現れたのはその、サッカー選手。ちょっと違うのは、その天才サッカー選手は女の子だということだった・・・。そしてその天才サッカー選手と出会うことで、彼のサッカーに対するセンスは開花していく・・・。

2chの局所で有名だったサッカー小説が大幅改稿の上、出版。「電車男より泣ける」とオビはあるが、泣けるのはきっとよほどのサッカーバカでないと泣けないだろうなぁ。日本代表、ユース代表の選手が実名参加(ちなみに相手国の選手も実名参加)(w。指導者や協会関係者、マスコミなどはちょっと名前を変えているだけでモデルはサッカーに詳しい人なら一発でわかる。

ほぼ同世代だから、この人もきっとあの広島、ドーハ、シャーアラーム、ジョホールバル、ワールドユース、そして雨の宮城とここ十年あまりの日本サッカーの節目を見届けてきたのだろう。サッカー選手にとって何が大切か、そのくだりには自分も同意してしまうぐらいシンパシーを勝手に感じてしまう。

サッカー好きなら読んでみるべし。これは青臭いかもしれないサッカー青春小説であり、そしてサッカー好きなら夢に思う日本代表の姿なのだ。願わくばドイツ大会、作中のような胃の痛いシチュエーションに追い込まれないことを切に願うが(w


| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 04, 2006

ARIEL番外編2 家出艦長の里帰り/笹本 祐一

ARIEL番外編2 家出艦長の里帰りARIEL番外編2 家出艦長の里帰り
笹本 祐一 鈴木 雅久

朝日ソノラマ 2006-02-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本編では侵略会社ゲドー社、<オルクス>の艦長、アバルト・ハウザーと経理部長シモーヌとの仲はわりと早期に花嫁強奪で明らかになったのだけれど、結局本編中はそのまま関係が発展するわけでもなかった。というわけで、番外編では<オルクス>に代わる最新鋭電子戦艦<ルキフェラス>に乗り換えた旧<オルクス>スタッフ達の腕試しをかねた戦いがあったわけだけれど、今回はそんなハウザーとシモーヌの仲を最後まで描ききる作品。

まぁ、予定調和といえば予定調和だとは思うけれど、本編で割愛したエピソードをこうやってある意味救済策として拾い上げるのもそれはそれで一つの方法か。

ARIELも息がながいなぁ。あしかけ15年以上は付き合っている計算になるしなぁ。そんなわけで、次はどんな作品になるのやら・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

March 01, 2006

[同人誌]ミダレガキパッワーカッラー/ゲリラ スタント スタジオ

定点観測させていただいているサークル「ゲリラ スタント スタジオ」 のコミティア新作。
今回はいつもとは異なってフルカラーイラスト集となっておりまして、 イラスト担当である山本七式氏の流麗なイラスト(オール書き下ろし&制服系美少女)がたっぷり拝めるというこれまたすごいことに。
個人的には6、7、9ページ目が(σ´□`)σ・・・・…━━━━☆ズキューン!!ってなカンジですよ(なんじゃ、そりゃ)。

というわけで同人誌ですので購入は「guerilla stunt studio store.」からどうぞ。自分もここから購入です(w
次の新作も楽しみにしておりますです、はい。

 

| | Comments (8) | TrackBack (1)

アンリミテッド・ウィングス(2)/松田 未来

アンリミテッド・ウィングス(2)アンリミテッド・ウィングス(2)
松田 未来 藤森 篤

富士見書房 2006-03-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

リノのエアレース。それはレシプロ飛行機という過去の怪物が蘇る航空機の祭典。時速500マイル(800km)オーバーの壁を突破する一握りのモンスターを操るパイロット達の戦い。病に冒された少女の願いを叶えるために一度はその翼を捨てたイーグル・ドライバーと、町工場の職人達、そしてスタッフ達が集い、そして戦いに向かう。

恐ろしく読み手を絞っているようないないような、リノのエアレースを舞台にした作品です。いやぁ、いい作品。
リノという言葉でピン!とくるような人なら読んでおいてソンはなし。出来ればもう少し話を掘り下げてくれればよかったんだけど、コレばっかりは致し方ないか。しかしオススメです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

屍姫/赤人 義一

屍姫 1 (1)屍姫 1 (1)
赤人 義一

スクウェア・エニックス 2005-08-22
売り上げランキング : 2,069
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
屍姫 2 (2)屍姫 2 (2)
赤人 義一

スクウェア・エニックス 2006-02-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

実はあまり連載読まないで単行本の表紙見てのジャケット?買い。

和モノで仏教系宗教団体が銃器持ち出してリビングデッドである屍姫を用いて退魔する。っていう話なので、ありきたりといえばありきたり。

ガンアクション&美少女or化け物という取り合わせは先行組みが強敵だからなー。(トライガン、ヘルシング、ブラック・ラグーン、ジオブリーダーズ、ワイルダネス、ガンスリンガー・ガールとかとか)。画力、特徴、才気(狂気)ばしった台詞回し、そのどれもが先行組みには達してないけど、まぁ今後に期待ということで・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タイル/大武 ユキ

タイルタイル
大武 ユキ

宙出版 2005-12-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ああ、なんだかこの一連のシリーズ読むのは複雑なんだよな。

以前にも取り上げた「我らの流儀」(高校サッカーを舞台に、今の野洲のようなサッカースタイルを進学高でやる面子を描いた面白い作品。現在、復刊ドットコムで投票中)の主人公たちが大学進学後、ヤクザの代打ちで麻雀するという妙な作品。加納たちの予想外のその後が描かれていてえらく複雑な心境になってしまうのは自分だけか・・・。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »