March 14, 2006

俺が近所の公園でリフティングしていたら/矢田 容生

俺が近所の公園でリフティングしていたら俺が近所の公園でリフティングしていたら
矢田 容生

小学館 2006-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

才能ある高校生が、一人の天才サッカー選手に公園で出会い、いいようにあしらわれる。次の日、クラスに現れたのはその、サッカー選手。ちょっと違うのは、その天才サッカー選手は女の子だということだった・・・。そしてその天才サッカー選手と出会うことで、彼のサッカーに対するセンスは開花していく・・・。

2chの局所で有名だったサッカー小説が大幅改稿の上、出版。「電車男より泣ける」とオビはあるが、泣けるのはきっとよほどのサッカーバカでないと泣けないだろうなぁ。日本代表、ユース代表の選手が実名参加(ちなみに相手国の選手も実名参加)(w。指導者や協会関係者、マスコミなどはちょっと名前を変えているだけでモデルはサッカーに詳しい人なら一発でわかる。

ほぼ同世代だから、この人もきっとあの広島、ドーハ、シャーアラーム、ジョホールバル、ワールドユース、そして雨の宮城とここ十年あまりの日本サッカーの節目を見届けてきたのだろう。サッカー選手にとって何が大切か、そのくだりには自分も同意してしまうぐらいシンパシーを勝手に感じてしまう。

サッカー好きなら読んでみるべし。これは青臭いかもしれないサッカー青春小説であり、そしてサッカー好きなら夢に思う日本代表の姿なのだ。願わくばドイツ大会、作中のような胃の痛いシチュエーションに追い込まれないことを切に願うが(w


| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 04, 2006

ARIEL番外編2 家出艦長の里帰り/笹本 祐一

ARIEL番外編2 家出艦長の里帰りARIEL番外編2 家出艦長の里帰り
笹本 祐一 鈴木 雅久

朝日ソノラマ 2006-02-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本編では侵略会社ゲドー社、<オルクス>の艦長、アバルト・ハウザーと経理部長シモーヌとの仲はわりと早期に花嫁強奪で明らかになったのだけれど、結局本編中はそのまま関係が発展するわけでもなかった。というわけで、番外編では<オルクス>に代わる最新鋭電子戦艦<ルキフェラス>に乗り換えた旧<オルクス>スタッフ達の腕試しをかねた戦いがあったわけだけれど、今回はそんなハウザーとシモーヌの仲を最後まで描ききる作品。

まぁ、予定調和といえば予定調和だとは思うけれど、本編で割愛したエピソードをこうやってある意味救済策として拾い上げるのもそれはそれで一つの方法か。

ARIELも息がながいなぁ。あしかけ15年以上は付き合っている計算になるしなぁ。そんなわけで、次はどんな作品になるのやら・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

February 27, 2006

「秘密」/布袋 寅泰

秘密秘密
布袋 寅泰

幻冬舎 2006-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ただいま本業多忙中、なんだけど。

10代の頃はBOφWYに夢中でした。まぁ、気がつくのが遅くてCD聞き始めたのは「LAST GIG」直前だったんですけど(w。その後まもなくして、恐ろしくとんがったデジタルサウンド引っさげて布袋がアルバムをリリースしたのを覚えています。それが名作シリーズ「GUITARHYTHM」(I)。それから、COMPLEX、二枚組みの「GUITARHYTHM II」、「III」と続いていき、すっかりハマっていきました。この人のロッカーなフリして一転、メランコリックなバラード、フレンチっぽいポップスすら守備範囲という妙なところが大好きでした。間違いなく90年代を代表するギタリストだと思いますよ。

まぁ、自分の中では「III」のライブ版までが大好きで、その後だんだんと離れていくことになるのですが(King & Queenあたりまでだったかなー)。どうしてかと思えばこの自伝を読んでああなるほどと思いましたね。やっぱりロックたるもの破滅的な人生を送らないと気がすまないらしい。あちこちでトラブル三昧だなぁ(w

彼の出自がどうであるとかは語っているものの、BOφWYの解散理由とか、前妻である山下久美子との別れの理由とか、何も語っていない。・・・でもいいんじゃないかと思う。
アーティストは、その腕、声で示すものがファースト・ソースだと思いますので、どちらかというとこの手の本(以前出した「六弦の騎士」はすきなタイトルなんですけど)は、まぁ、そんなものだよね。ぐらいに過去を回想しながら読むぐらいかなぁ。

というわけで、すべての人に向けて。というわけではなくて、あのとき、BOφWYが大好きで、そして布袋のギターサウンドに惚れていた一人のちょっとした回顧話としてエントリしてみました。

#1この本を読んでから、忙しい合間にiPodに入れた「GUITARHYTHM」、特に「III」をきいてます。やっぱり「III」の「LONLY☆WILD」など全曲は大好きなんだな、と思いますよ。

GUITARHYTHM IIIGUITARHYTHM III
布袋寅泰 森雪之丞 ハービー山口

東芝EMI 1992-09-23
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

#2それ以外だとシングル「MERRY CHRISTMAS,LONELY HEART」もいいんですが・・・タイトル、間違ってないよな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 11, 2006

ただいま読書中

マハン海軍戦略マハン海軍戦略
アルフレッド・T. マハン Alfred T. Mahan 井伊 順彦

中央公論新社 2005-02
売り上げランキング : 63,253

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

A.T.マハンといえば、地政学などでよく出てくるシーパワー(海洋国家)論では必ず触れられる大家。
新約としてかかれた上の本は、出版されるやいなや旧日本海軍海軍では旧海軍兵学校ほぼ全員の生徒分を原書で購入、図書館に置いたとかいうぐらいの本。

今、図書館から借りてきて自分にとってまだ理解しやすい日露戦争についてのくだりを読書中。
日本海軍について特出すべき戦略上の優位はないものの、開戦初頭から決して自らの戦略的位置を把握し、その能力の全力を傾けた点を特に強調している(基本的にはロシア海軍の不誠実、能力を弾劾しているが)。
勉強になるが、ほかのところを読む・・・たとえば米西戦争のくだりなど・・・のは結構厳しいかも。

すべてを読みきってから購入して手元に置いとくかを検討中です、はい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2006

A君(17)の戦争9 われらがすばらしきとき/豪屋 大介

A君(17)の戦争9 われらがすばらしきときA君(17)の戦争9 われらがすばらしきとき
豪屋 大介

富士見書房 2006-01-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

首都ワルキュア目前まで攻め込まれた魔族たち。防衛にあたる兵士達の士気は崩壊寸前にいたる中、剛士はついに作戦<ヤヌス>を開始するのだが・・・。とはいえ、それらの背後の動きも複雑になっていた・・・。

手に取った方は一様にこう思うのではないかと。

「薄っ!」

いや、ほんと、頼みますよ。こういう盛り上がってきたところで止められるのが一番いただけない。
続きですよ、続き。早いところ頼みますよ~。
というわけで紹介までに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

上達の法則―効率のよい努力を科学する/岡本 浩一

上達の法則―効率のよい努力を科学する上達の法則―効率のよい努力を科学する
岡本 浩一

PHP研究所 2002-05
売り上げランキング : 1,664
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まったくもって私事ではあるのだが、今年、ちょっと自分にとって挑戦じみたことをやろうとしている。そういったこともあってタイトルに惹かれて年初に購入した本ではあるのだが、ようやく読んだのでメモとして。

さて、「努力は楽するためにするものだ」と自分は思うのだけれど、そうはいっても上達するためには積み重ねが必要だと思う。どうせ積み重ねが必要なら最短ルートで。と思うのは人情。
とはいえ、周囲を見渡すと一芸に秀でた人は大抵何やらかしてもいい塩梅にいくことはないですか? そういう疑問にこの本は答えてくれました。

手っ取り早くいうと、上達するためのスキーマ(IT系では良く聞くフレーズですが、枠組みとか道筋とかそういう曖昧で複雑な要素を一括りにしたようなものと捕らえてください)があるので、転用がきく。というわけです。
たとえば、Windowsのあるアプリに慣れている人は違うアプリを触っても、さほど?ということにはならないはずです。ヘルプを見る方法も知っているでし、画面をみるだけで曖昧ではあるけれども勘所がわかるはずですから。そういうのが「スキーマ」による把握のようなものだと思ってください。攻殻風にいえば、ゴーストが囁くんですよ(かなりちがう)。

それはそうと、上達するためにははて「上達するとはなんだろう?」という疑問もあるのだけれど、こちらもこれに答えてくれる。

五感を通して入った情報は、生情報のままアイコニックメモリ(感覚記憶)と呼ばれる仮メモリ領域にはいる。ところがこの領域は数百msec.で揮発してしまう難儀な場所で、そこからさらに上位のワーキングメモリ(作動記憶)へと記憶は移される。
このワーキングメモリではチャンク(行動や意識、記憶などの連続体の単位)にして7~9チャンクほど蓄えられる。ここでの記憶の持続時間は概ね数秒程度。このワーキングメモリ内で幾度か「リハーサル」と呼ばれる反復的な書き込みが行われると、長期的記憶にライティングされるというわけだ。
チャンクという考え方だけれど、車に乗っている方は判りやすいかも。例えば縦列駐車、坂道発進。すべてが複数の動作、情報の判断が押し寄せてきますが、常時クルマに乗っている方であれば、ほとんど無意識のうちにこれらをサクっとこなすはずです。つまり、教習所ではぶつ切りだった動作や判断処理(つまり複数チャンクに分かれている)が、一連の動作と判断処理(つくり1チャンクに集約される)で行えるようになっているはずです。

一般に記憶の持続時間のピークは、24時間(7割)、72時間(2~3割)、6から7日間(それ以下)というスパンで減退していく。じゃ、毎日勉強か。というとそうでもないようで、毎日行っていても中断が発生してしまうと急激な忘却がはじまってしまうのだという。

さて、以上のほかにこの本では、上級者と中級者の差やスランプに陥った場合、どのように対応すべきかなど色々と示唆に富むくだりが多かったです。

さーて、この本を読んで終わりにするのではなくて、次のステップにいかないと・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2006

「トスカのキス」/森雅裕

オペラ『トスカ』公演のために日本に戻ってきたオペラ歌手、草凪環。 彼女は欧州でコンクール荒らしを行うほどの技量をもった一級の歌手だが、 今回はダブルキャストのためのセコンダドンナ(プリマドンナの二人目)としての役割だった。 帰国するやいなや環の古くからの友人であった作曲家鍋島倫子がこの時世に餓死で亡くなったことを知る。環が調べると、彼女が『トスカ』 の演出を行う神尾新市に対して抗議を行う為の覚悟の上の自殺であったという。 そのためにわざわざ餓死という緩慢な自殺を選んだことに対して疑問を抱く環。そしてその裏では『ウィザード』 なる組織があることを彼女は知る。

疑惑と義憤をはらんだままオペラ『トスカ』の公演初日を環らスタッフが迎えようとしていたその日、 舞台となるオペラタワーのが武装集団により占拠されてしまう――。そして、そのリーダーは予想外の人物だった。要求の中には『トスカ』の公演も含まれていた。そう、実際に人が殺められる、惨劇が。血と硝煙にまみれ、鮮血の舞台の幕が上がる――。そして環はその中にいた――。

 

と、いう訳で森雅裕氏の未発表作品「トスカのキス」。有志の皆様によってようやく発刊の運びとなり(限定150部だそうですから、 手に入った方はラッキーでした!)、新年の元旦に読みましたよ。いや、面白い! 「椿姫を見ませんか」 で登場した鮎村尋深とはまた一風違って深みを増したオペラ歌手草凪環の予想外の経歴(確かに伏線はあったのだが・・・ )に筆頭されるキャラ造詣。事件に応対する危機管理のスタッフ達や、自衛隊員たちのやり取りなど、 森雅裕氏の作品である証拠といえるでしょうね。 今回は謎解き+テロリストによる劇場乗っ取り+官僚主義が横行する中でのSATなどのカウンター・アタック、そして自衛隊の描写など、 まぁ大盤振る舞いです。習志野の空挺が『第一狂ッテル団』と呼ばれるとか、軍オタネタもあることはあるのですが、 平成十四年当時の自衛隊の状況を旨く描いています(最後の文章にあるように、 あれから三年で自衛隊の対テロ装備や法整備はすごい勢いで進んでいます。軍オタも吃驚ですよ。 二十年単位で動くようなことがわずか三年あまり。次の通常国会で防衛庁が防衛省になるかもしれないという勢いですからね)。また、 ちゃんと考えられているなと思いますね。確かにあの立地条件ならHAHO(高高度降下高高度開傘)だな。と読んでお見事!と思いましたから。

どうしてオペラと犯罪とSATや自衛隊が絡んでどういう結末を迎えるのか――それはちょっと秘しておいておくとして、 森雅裕氏の作品はやっぱり面白いと認識したわけですよ。 作中の鍋島倫子氏の死に絡んでネットのファンたちの言動にちょっと心が痛かったのですが(自分にもそういう対応していた部分もあったので)、 いい作品はもっと多数の人に知ってもらいたい。

こうしてネットの有志の方々の力もあれば、こういう本という形で手に入ることも出来る――哀しいかな、 手に入るのは同じようにネットに接続できる人達だけなのですが。今はまだネットに繋がる人達だけかもしれませんが、こうやって、 商業主義をバイパスできる仕組みも出来上がりつつあります。つまり、 緩やかなパトロン=クリエイター達のつながりが形成されていくんではないかと数年前から自分は思っていますが(まぁ、 今の同人誌即売みたいなイメージですが)、そうであってほしい。 グーテンベルクの印刷技術によってあまねく人々に知識が行き渡るようになりましたが、より深く、細分化しても届けられてほしいものです。 ああ、日本の出版業界のお寒い話はおいといて、ですが。

リボンをつけたいほどにいい作品とはあるものです。そして、今年一年の最初にそのような、この作品が読めたことにたいして、 まず作者に感謝を。そして有志の方々に感謝を。最後に、自分と同様に森雅裕氏を好きでいてくれる人に感謝を。そう呟くにたる作品でした。

あとはですね、未発表作品「雙」、鮎村尋深・守泉音彦コンビの続編「愛の妙薬もう少し…」「雪の炎」。を読んでみたい。 あとは絶版になってしまった名作「歩くと星がこわれる」の復刊などなど・・・まだまだ欲はあるのですが(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2005

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見えるオシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える
木村 元彦

集英社インターナショナル 2005-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

イビツァ・オシム。現Jリーグ・ジェフユナイテッド千葉監督。元ユーゴスラビア代表監督。数々のクラブを渡り歩き、屈指の名監督と呼ばれる。彼はシーズン・オフの度に欧州からビッグ・クラブからのオファーを受けるがほど、だが今、日本の、予算も下から数えたほうが早いチームで監督を行う。そしてJ1、J2の各クラブの監督も彼と、彼の志向するサッカー・スタイルに敬意と尊敬の念をもつものがすくなくない。
彼の言葉には常に含蓄があり、韜晦があり、ユーモアがあり、そして飽くなき情熱がある。その言葉は「オシム語録」と呼ばれるほどに。

曰く、「夢ばかり見て後で現実に打ちのめされるより、現実を見据え、現実を徐々に良くしていくことを考えるべきだろう?」

曰く、「サッカーはひとりの人間がすべてを知っていることはあり得ません。他人の意見も尊重するべきです。その意見が良くても悪くても、尊重するべきです。他人の意見を聞けないような人間は、必要ありません。人間は他人を尊重できるという面で、ロバよりは優れているでしょう。」

まぁ、こんなカンジに。この本は、そんなイビツァ・オシムの千葉でのコーチングぶりと、それせによって覚醒を促される選手たちにフォーカスをあてる一方、彼と彼の家族にとって苦難とけっして癒すことの出来ない大きな傷、ユーゴスラビア内戦にいたる道にも焦点が当てられる。

・・・そう、チトー亡き後のユーゴスラビアが解体に向かう中、彼は代表監督として様々な民族から成り立つ代表チームを率いてイタリアW杯、そして欧州選手権へと進む。だが、マスコミや政治家などが彼に横槍を入れ始めていく・・・そして、悪夢の出来事が彼を襲う。内戦が始まり、彼の生まれ育ったサラエボは長きに渡る包囲と、無差別の狙撃などに苦しめられ、こともあろうに妻と離れ離れになってしまう(奥さんはサラエボに取り残されてしまう!)。この彼のユーゴスラビア時代の物語がこの本の中心。もうこれを読むために買ったといってもいい。

ありとあらゆる逆境の中、彼はそれでもサッカーを愛し、そして哲学ともいうべき攻撃サッカーを志向していく。その理由はどうしてか? 簡単だ。「リスクを犯して攻める。その方がいい人生だと思いませんか?」

世界でも屈指の名監督が、彼を長きにわたって悩ませ、失望させ、苦しませた民族紛争という陰惨な頸木から解放され、極東の島国で思うがままに辣腕を振るう。その幸せを堪能してほしい。そして、サッカーを知らない人も、千葉のサッカーを、彼の言葉を読んでほしい。ジェフユナイテッド千葉のホームページから「オシム語録」を読むことができます。

最後に自分が気に入った言葉を。

「何もしていないし、何もしようとしていない。何かをやろうとしなければ、何も起こらない。」

まさしく、挑戦することに意義を見出す人の物語です。年の瀬にいい本が読めました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2005

ぼくらはみんな、ここにいる/大石 英司

4120036863ぼくらはみんな、ここにいる
大石 英司

中央公論新社 2005-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

神はサイコロを振らない」が来春、ドラマ化されることになっているらしくご本人も意外にノリノリだったりするのか、またこの年の瀬に出ましたよ、ハードカバーが(w

今回もお得意?のタイムスリップもの。

羽田のビッグバードで中学生の一団を見送ることになる子供とその父親。父親は一本の電話をある人物にかける――それは大いなる時代が折りなす輪の始まりだった。

今回の舞台は長崎にほどちかいある島に合宿に訪れる中学生のブラスバンド部、そして数人の大人達。不釣合いなほど設備が整ったこの島を怪しむ元自衛官二人。そして、彼らは同時に足跡を発見し、島に不審者が侵入していることを知る。が、数日後、彼らはまったく外部からの接触が絶たれる羽目に陥った。そして、不審者が現れ、事の真相の一旦を話始める――。

まぁ、なんですか。作者ご本人のblogで「時代劇」と聞いて、「まぁ、最近の架空戦記ものは売れないし、かなりの数の作家が時代劇ものにも転向しているからなぁ」とか思っていたんですが、こう来ますか、大石先生(w

人情味溢れるホロリとした物語ですが、「神サイ」と違ってドラマ化は難しそうですよ(笑)それがいいのではありますが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2005

すごい考え方/ハワード・ゴールドマン 松林 博文

4806122963すごい考え方
ハワード・ゴールドマン 松林 博文

中経出版 2005-12-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

gekka.blogさんや、「第弐齋藤 土踏まず日記」さんのところでもとりあげられた個人的なGTDというかメソッドである「すごいやり方」、そしてその会議版ともいえる「すごい会議」の源流のようなハワード・ゴールドマンの「すごい考え方」を読んでみた。

基本的にこの「すごい」系(という呼び方はいささか問題ありだが)の本質はいかにポジティブにマインドをもっていくか。がすべてのベースになっている。ついつい何か進行中のプロジェクトなどで問題があると原因を探ってしまうよりも、その問題をどうやって解決していくか、にフューチャーしている。もう一つの本質は「言葉」だと思う。

言葉にして口に出すことで、自分自身や周囲の人々に問題点(課題点)について自分は明確にコミットメントしているんだ。と自覚するし宣言していく。また、第三者に問いかけることで、自分やその第三者の考え方やスタンスを明確にしていく。

つまり本質は「謎解きよりも打開策」「(積極的な)自分の関与を宣言する」。この二点ではないかと今は思う。
そのどれもが簡単なことだと人は言うかもしれないが、中々そうはいかないことを知っている人は悩んでいる人だ。そういう人にこそ、この本など「すごい」系をオススメしたい。「すごい会議」が周囲を巻き込む形で行えないと思うのなら「すごいやり方」には、ミニマムな自分自身に対してのマインドセットがある。そして「すごい考え方」は、その「すごいやり方」と「すごい会議」の中間にたっているような形だ。

中々興味深かった。しかしまぁ、この手の本を読んだときの問題は、ともかく、実践あるのみですよ。頑張れよ、俺!(笑)

ついでなので、他の二冊もあげておきます。

4594043321すごいやり方
大橋 禅太郎 倉園 佳三

扶桑社 2004-01-23
売り上げランキング : 773
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
4479791183すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!
大橋 禅太郎

大和書房 2005-05-18
売り上げランキング : 302
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧